ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2020.03.31 Tuesday

スワーヴアラミス、マーチS G靴鮴覇。

 

 

 3月31日中山競馬場で行われた第27回マーチSG(4歳上・国際・ダート1800m・ハンデ)で我がハーツクライ産駒、藤岡康太騎乗の1番人気スワーヴアラミス(Suave Aramis, JPN, 牡5, 57kg)は、2着石橋修騎乗の4番人気クリンチャー(Clincher 關鍵一擊, JPN, 牡6, 57.5kg)にクビ差を付け勝利した。

 

 3月29日に予定されていたが降雪の為2日間延期されたこのレース、此処までダート戦では11戦5勝2着4回3着2回と抜群の安定感を誇り、前々走同条件のポルックスS(OP)で2着に4馬身差の圧勝、また前走京都のアルデバランS(OP)では中央転入後4連勝(地方を含めると6連勝)を飾った我がハーツクライ産駒のロードレガリス(Lord Regalis, JPN, 牡5)に1/2馬身差の2着も3着馬には5馬身差付けるほぼ勝ちに等しい内容から1番人気での出走となった、道中は3番手好位に付け、3〜4コーナー後方から猛然と追い上げたクリンチャーと直線叩きあい、一度並ばれる場面もあったがゴール前これを競り落としクビ差付けて勝利、タイムは1分51秒3、稍重、そこから2 1/2差の3着には、これも後方から追い込んだ石川裕起人騎乗のレピアーウイット(Rapier Wit, JPN, 牡5, 55kg)が入った。

 

 スワーヴアラミスは母ベイトゥベイ(Bay to Bay) USA その父Sligo Bay IRE という血統、母は北米で走り2011年のCanadian Nassau Stakes G(Turf Mile)等4勝、重賞レースで2着6回の活躍馬、

 これで、18戦6勝2着4回3着3回、前述の通りダートでは3着以下を外していない、今回重賞初挑戦も素晴らしい勝負根性を発揮して初制覇を達成した。

 この勝利で前走敗れたロードレガリスの評価がまた一段上がった、ロードレガリスの次走は5月23日の平安Sの予定、スワーヴアラミスは此処まで連戦で来ているのでこの後暫く休養を取る模様、2頭の目標は勿論暮れのチャンピオンズC G

 

 この勝利はハーツクライ産駒として今年待望の重賞初勝利(地方交流では名古屋大賞典Jpn靴鬟蹇璽疋乾薀奪(Lord Golazo, JPN, 牡5)が制している)、此処まで期待された3歳勢が中々勝ち切れず、ハーツクライファンはもやもやが晴れなかったが、この勝利をきっかけにクラシックでの活躍を期待する。またそうでなければロードカナロアに明け渡したリーディングサイアー2位の座を再び逆転することは不可能と思われる。

 

 新型コロナウイルス禍で競馬そのものが中止されないことを祈るばかりである。

 

 

 この稿了、

 

 記事及び画像の無断転載を禁じます。


   Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
  〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 Tel & Fax 096-364-8875
 freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp

   https://www.instagram.com/antiques_freddy_bros/
  
 木・金定休(除く祝日) 
 営業時間11:00〜19:00

 イベント、仕入れ等で変更有り。

Powered by
30days Album