ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.11.11 Sunday

リスグラシュー悲願のG祇覇 !

 

 11月11日、京都競馬場で行われた第43回エリザベス女王杯(3歳上・国際・牝・G機芝2200m・定量)で、我がハーツクライ産駒、ジョアン・モレイラ騎乗のリスグラシュー(牝4、56kg)が岩田康誠騎乗のクロコスミア(牝5、56Kg)にクビ差付けて勝利した。

 

 道中中団でレースを進めたジョアン・モレイラ騎乗の3番人気リスグラシューは4コーナーで外に持ち出し絶妙の逃げを打ちほぼ勝ったと思われた9番人気岩田康誠騎乗のクロコスミアをただ一頭上がり33秒台の別次元の末脚を使いゴール直前で捉えクビ差退け優勝した。

 勝ちタイムは2分13秒1(良)。さらにそこから3馬身差で1番人気昨年の勝ち馬ミルコ・デムーロ騎乗のモズカッチャン(牝4、56kg)が入った。

 

 リスグラシューは、母リリサイドその父American Post と云う血統2歳時から常に第一線で活躍し乍らG気任2着4回となかなか頂点に届かなかったが、悲願のG汽織ぅ肇襪鮗蠱罎砲靴拭△泙織皀譽ぅ薺骸蠅砲箸辰討盻蕕JRA G祇覇となった。

 

   これで16戦4勝2着6回3着3回、今年2月の東京新聞杯G薫瞥茲両〕。

 これまでの成績からマイラーと思われこの距離でどうかと思われたが、一瞬のうちに加速させ更にぐんぐん伸びる脚を使い差し切ったのはモレイラの腕に依る処が大きい、にしても初コンビでこれまで才能は認められ乍らも勝ち身の遅かった馬をあっさり勝たせるモレイラ、正にマジックマンの異名通り。

 また、これまで430kg台の体重でその名(フランス語で優美な百合)の通り華奢な馬体がここにきて460Kgとがっしりした事もこの勝利につながった。今後もモレイラ騎手とのコンビで牡馬混合G気任盂萍を望みたい。

 

 ハーツクライ産駒としては先月の富士ステークスG轡蹈献ライ以来今年7勝目の重賞制覇、4月の大阪杯スワーヴリチャード以来のG祇覇となった(米国では9月にYoshidaがWoodward Stakes G気鮴している)。また、ここまで2着続きでなかなか勝てなかった京都コースでの初G祇覇となった。

 

   さあ来週はマイルチャンピオンシップG気縫蹈献ライが、そして再来週はジャパンカップG気縫好錙璽凜螢船磧璽匹肇轡絅凜.襯哀薀鵑登場、ここは是非ともリスグラシューに続いて欲しい。

 

  この稿了、

 

 記事及び画像の無断転載を禁じます。


   Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
  〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 Tel & Fax 096-364-8875
 freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp
  
 木・金定休(除く祝日)
 営業時間11:00〜19:00

 イベント、仕入れ等で変更有り。

Powered by
30days Album