ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< ルヴォワール、紫苑S出走 | main | Lys gracieux, Maids of honour >>
2017.09.09 Saturday

店舗新装 其の1

 

 

 

   旧店舗が在った白山の実家(親族の所有)が解体から約10カ月、ようやく完成しました。そのビルトインガレージ部分に新しい店を自力で作り上げる予定です。その模様を逐次ご紹介します。

 

 

   親族宅の車庫部分が店になります。右は親族宅の玄関。シャッターに美しい?モワレ模様が…

 

 

 

 店の前の道路が行き止まりなので、白山通(いつも渋滞している)から間違って入り込んでくる車多く、絶好の方向転換場所となってしまう為、手始めにバリケードを作成、SPF 1.5X4X6材3本と2X4X6材3つ割1本で1基完成、仕上げは水性エマルジョンペイント、1基1500円程で出来ます(繋ぎのチェーン別)

 

  

 梁の上小屋束と壁の間に中二階を作り、壁の一部を抜いて親族宅の小屋裏を物置として使う計画。

 

 この家は、建築デザイナーが職人集団とタッグを組み現場監理、監督まで全てを行うシステム(間に建設会社、工務店が入らない所謂直営方式)で作り上げる方式の建物で(デザイナーが足繁く現場に通い率先して養生、片付け等下職をやってる、真っ黒に日焼けして髭ぼうぼうの風体はとても建築デザイナーには見えない(失礼、笑)。)、車庫部分に関してはこちらの意向通りの仕上がりとなりました。梁と小屋組み及び天井は流石に自分で塗装するのは無理があるのでプロに塗って貰いました。

 

     

 車庫内は不燃材仕上げが必要な為、木毛セメント板で張って貰いました(昔から好きな素材どうも最近おしゃれな店舗などで結構使われているらしい)、こいつをオフホワイトの艶無し塗料で仕上げます。凹凸があり奥まで塗料が入り込まないので独特の風合いに仕上がります。但し普通の倍近くの塗料が必要となります。ローラー刷毛で塗っていくのですが塗料を含んだローラー刷毛は結構重く一日やると肘と肩が痛くなりました(後で解ったのですが塗装品があった、先に調べないのがなんともダメな処)。

 

     

 一番高いところで4.35m程あり手持ちの6尺脚立ではここ迄が精いっぱい(6尺脚立の天板に立ち左手に塗料バケットを下げローラー刷毛塗り作業をするというのは結構おっかない)。もっと高い8尺脚立を買いにホームセンターに行ったら、7尺以上は急に価格が高くなるので敢えて断念(今後そんな高い脚立が必要とは思えないし…)。

 そこで、中二階へ上がる階段の踊り場のベースを先に作りここに脚立を立てて作業することに。

 

 さて、今回はここまで、

 

この稿了

 

記事及び画像の無断転載を禁じます。


   Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
   本部、〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 店舗、862-0941  熊本市中央区出水1-1-25 サントビル1F

 Tel & Fax 096-364-8875
 freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp
  
 木・金定休(除く祝日)
 営業時間13:00〜18:00

 

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album