ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< グレイル、ヴォウジラール、アドマイアアルバ | main | タイムフライヤー、オーディットエール、ワントゥーフィニッシュ >>
2017.10.29 Sunday

店舗新装 其の4

 

   店舗新装 其の1 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=142

 店舗新装 其の2 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=145

 店舗新装 其の3 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=148

 

   

 

   さて、愈々懸案の階段です。大工の世界では「階段が架けれて一人前」と云う言葉が有るようです。

 

     

 

   材料は当初30mm厚程度のものを考えていたのですが適当なものが無く荷重にに耐えうる(これが何より重要)集成材となると結構値が張るので、SPF 2X10材を使用する事に、入念に図面を描き桁に罫描くも指矩の折り返しで左右で微妙なズレが生じ(老眼のせいもある)中々うまくいかない(この微妙なズレが階段の場合昇り降りの際気持が悪くまた危険)。そこで現場当りで水平垂直見乍ら受け桟を取り付ける。

 

     

 

 

   階段下にカウンターが来る予定なので踊り場の一面に棚を設けた。取敢えず踊り場の処だけフローリングを貼ってある。

 

 組み立ては、床上で行い、踊り場へ持ち上げ(思ったより重い、やっとのことで一人で持ち上げた)中二階との間に架ける。微調整は踊り場の方で行う。なんとか無事収まった(拍手)。

 

     

 壁との間にスペーサーを入れ梁と共にしっかり固定

 

 床面は価格と施工性を考えて水性ステイン(刷毛を水洗い出来るので非常に楽ではあるが…)を使用したが、思ったような色に仕上がらず、やっぱり従来どうりの油性のもの(OSMOやWATCO但し値が張る)にすれば良かったとチョット後悔。桁は他の梁材と合わせた。

 床から踊り場へも同様な階段を作り必要な時だけ架ける予定だったがとてもじゃないがこんな重いものを架けたり外したり絶対無理!(邪魔だし)と云うので取敢えずは脚立で済ませる事に…

 

 この稿了

 

 記事及び画像の無断転載を禁じます。


   Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
   本部、〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 店舗、862-0941  熊本市中央区出水1-1-25 サントビル1F

 Tel & Fax 096-364-8875
 freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp
  
 木・金定休(除く祝日)
 営業時間13:00〜18:00

 

 

  

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album