ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 希斯路、香港、桃園 其の2 | main | スワーヴリチャードアルゼンチン共和国杯制覇 >>
2017.11.04 Saturday

店舗新装 其の5

 

 店舗新装 其の1 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=142

 店舗新装 其の2 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=145

 店舗新装 其の3 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=148

 店舗新装 其の4 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=152

 

 

 

   一階のフローリング貼りを進めていきます。

 

 フローリングは以前の店舗で使っていた物を流用(フロア釘で打ち付けてあったが外すのに往生した。)床面積が結構増えた(以前は煉瓦部分もあったので)ので足りない分は新たに1X6,6ftを水性ステイン(刷毛の後始末が楽な事と単に安価だった事で決めた)で塗って使用するが思ったような色にならない。15年前の初代、7年前の2代目、そして今回と3代のフロア材が混在する事に。

 

   

 

     

  事務所スペースの間仕切り、30X45材で下地を組み木毛セメント板を貼る。コーナー部は金物と火打ちで補強、壁と梁とに固定してあるが、基本間仕切りは床に置いているだけ。

 本来フロア全部一気に貼る方が効率も良く簡単おまけに芯出しも出来るのできれいに行くのだが、材料、工具、作業場所、その他諸々スペース無いので必要な処だけ先にフロア貼って間仕切り作る。継ぎ目が揃うがこの場所には什器を置いて解らなくなるのでOK。仕上げペイントは家内が(最近ペンキ塗りに凝っている)。

 

     

 フロアは30X45材を転ばしてビス締めしていく床には固定していないが什器、商品置くので多分大丈夫。新旧3種類のフロア適当に混ぜて貼る、キズ、汚れ、釘穴、等色々あるが逆に店のキャラクターに合ってこれもまた良しとする。作業に没頭してるとつい写真を取り忘れる。

 

 今回は此処まで

 

 この稿了

 

 記事及び画像の無断転載を禁じます。


   Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
   本部、〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 店舗、862-0941  熊本市中央区出水1-1-25 サントビル1F

 Tel & Fax 096-364-8875
 freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp
  
 木・金定休(除く祝日)
 営業時間13:00〜18:00

 

  

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album