ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サトノクロニクル チャレンジカップ制覇 | main | 新店舗、明日愈々Open >>
2017.12.03 Sunday

店舗新装其の8

 

 店舗新装 其の1 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=142

 店舗新装 其の2 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=145

 店舗新装 其の3 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=148

 店舗新装 其の4 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=152

 店舗新装 其の5 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=156

 店舗新装 其の6 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=160

 店舗新装 其の7 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=165

 

  

 

 工事も愈々佳境に入り什器を作成します。基本的には今迄使ってきた什器を使用するのですが不足分を現場合わせで作ります。

 

 入ってすぐの両脇に同じ意匠のスリムテーブルとグリッド状の棚を作ります。

 

   

 テーブルは、SPF材で脚は2X4半割、後は1X4、天板は以前セールの時に購入してとってあった1X8、日に焼けていい色になっている。接合はビス締め後ダボ埋め。

 

    

 仕上げは水性ステインで、強い西日のせいでまだらに見える。 

 

      

 グリッド棚は22mmX36mm胴縁材でフレームを組み上下の棚板(ケチってコンパネ製)で連結、中二段は一応取り外しが可能。

 水性エマルジョンペイントで仕上げる。

 

       

 踊り場下の階段は早々に諦め脚立で昇り降りする予定だったが、手持ちの90cmと150cmでは帯に短し襷に長しということで、丁度いい高さの木製脚立を作る事にする。下に敷いたベニア合板に原寸大の図面を描いて作る。

 

     

 後ろ脚?は現物合わせで、側板はSPF1.5X4材、踏み板は何処かで使っていた集成材笠木、その他各種残材の寄せ集め、筋交いはスチールのフラットバーを使用。

 

  

 水性ステイン、ライトオークに調色ブラックを混ぜて塗装、中々いい感じに仕上がった。

 

 

 今回は此処まで

 

 この稿了

 

 記事及び画像の無断転載を禁じます。


   Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
 〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 Tel & Fax 096-364-8875
 freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp
  
 木・金定休(除く祝日)
 営業時間11:00〜18:00

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album