ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Season's Greetings 2017/18 | main | 希斯路、香港、桃園 其の5 >>
2017.12.28 Thursday

タイムフライヤー、ホープフルステークス制覇

 

 

12月28日、中山競馬場で行われた第34回ホープフルステークス(2歳・国際・GI・芝2000m)で、我がハーツクライ産駒クリスチャン・デムーロ騎乗のタイムフライヤー(牡2、55kg)が武 豊騎乗のジャンダルム(牡2、55Kg)に1 1/4差付けて勝利した。

 

道中最後方でレースを進めたC・デムーロ騎乗の1番人気タイムフライヤー3コーナーから徐々に進出4コーナー大外を回し、直線で内から延びた武 豊騎乗の4番人気ジャンダルムとの叩き合いを制し、最後は1 1/4差付け優勝した。勝ちタイムは2分01秒4(良)。さらにそこからクビ差で今月デビューで僅か2戦目のステイフーリッシュが入った。3番人気フラットレーは全く好いところ無しの13着に敗れた。また、10番人気で出走した吉田隼人騎乗のナスノシンフォニー(牝2、54Kg)は、大外枠から発走後外埒方向に逸走し慌てて立て直し内埒沿いに突っ込むもその後も何度も前が詰まり右へ左へと進路を変え最後追い込むと云うオルフェーブル並みのレース乍ら(他馬より無駄に長い距離を走っている)5着で入線、スムーズにレースが運べていれば恐らく3着はあったと思われる、次回では是非自己条件を勝ちあがってオークスを狙って欲しい。

 

 関連記事 グレイル、タイムフライヤー、ワンツーフィニッシュ http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=162

                  時を駆ける馬 http://freddy-bros.jugem.jp/?eid=146

 

この勝利で5戦3勝2着2回、初の重賞勝ち。タイムフライヤーは父ハーツクライ、母タイムトラベリングその父ブライアンズタイムと云う血統、前走京都2歳ステークスではほぼ勝ったと思われた処を最後グレイルにかわされ惜しい2着、今年からG気望些覆靴燭海離譟璽垢僚藺絏者に輝いた、昨年はレイデオロがここを勝ってダービーを制しており、グレイル共々来年のクラシックが益々楽しみとなった。

 

これでハーツ産駒今年重賞8勝目、G2勝目、初の右回りG祇覇。これで獲得賞金を3228134000円としヌーヴォレコルト、ワンアンドオンリー、ジャスタウェイの3週連続G犠〕の2014年の3220541000円を上回りキャリアハイを記録した、一方リーディングサイアーランキングでは最後猛追するも3位ステイゴールドに1億円程届かず4位、有馬記念でのスワーヴリチャードの斜行に依る不利でシュヴァルグランが3着に終わったのが痛かった、とは云えジャパンカップの前までは5億円程あった差をここまで追い詰めたのはあっぱれな結果。

 

来年は久し振りのクラシック制覇、悲願の春の天皇賞制覇に期待がかかる。そうすればリーディング3位も間違いない、期待しよう。

 

 

 Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
 〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 Tel & Fax 096-364-8875
 freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp
  
 木・金定休(除く祝日)
 営業時間11:00〜19:00

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album