ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リスグラシュー、東京新聞杯制覇 | main | 2018 春節 >>
2018.02.13 Tuesday

La Légende Kasai

 

   先日パリのホテルで深夜或は未明ふと眼覚めTVを点けたら平昌オリンピックの男子ジャンプノーマルヒルをやっていた(中継録画)。今一つ盛り上がりに欠ける今大会だが(むしろ或る意味別の処で盛り上がってますが)、フランスでも余り話題になって無い(当方もロス以降の湯田屋の金儲けエンターテインメントになり下がったオリンピックには余り興味湧かない)。こちらではこの時期、なんと云っても大半の人々の一番の関心はラグビーの`Natwest 6 Nations' 私も10日の土曜日は当日の予定を早めに切り上げてビールを買ってホテルに戻り、アイルランドvsイタリア(後半から)、イングランドvsウェールズ、女子のフランスvsスコットランドの3戦をTV観戦した。女子はフランスが快勝し凄い盛り上がり…

 で、ジャンプなんだが私がTV点けた時はもう2本目の後半に、日本の実況と違いフランスのクルーは選手が飛んでいる時でもなんか笑い声を混じえて勝手に喋ってる(尤もフランス語なんで解らない)。その時既に競技終了していた葛西紀明を見つけてインタビューを始めた、通訳は無し、インタビュアーもちょっと興奮気味にノリアキカサイ、ノリアキカサイと連呼、一方的にフランス語でまくしたてるように質問…流石のレジェンド葛西紀明も`Merci beaucoup, Merci beaucoup' としか答えられず、驚くとともについ笑ってしまった。その間飛んでる選手の映像は無し、おかげで日本人最上位7位入賞の小林弟選手の雄姿は映らず、いや〜流石世界のレジェンド葛西紀明の人気は凄いものです。で、翌日の新聞記事がこれ、

 

 

 

 フランス一の格調を誇るスポーツ紙(日本のスポーツ新聞と一緒にしてはいけない)、ツールドフランスの主催で有名な`L'EQUIP'の45歳葛西紀明の8回目のオリンピック出場を称える記事、「初出場の1992年アルベールヴィル大会から26年後の今大会8回目の出場と云う記録を作ったしかし彼は挑戦を終える事は無い」と最高の称賛! 肝心のノーマルヒルの記事は片隅に小さく優勝のドイツのヴェリンガーの顔写真と記事少々、後はリザルト欄に10位迄及び21位葛西、後は2人のフランス人のみ、改めて彼の地での葛西紀明の評価の高さを思い知った、よく日本では葛西と共にイチローとカズが並び称されるが欧州で見ればとんでもない、敢えて後2人加えるなら中野浩一と原田哲也ですよ。

 

 さあ、残るラージヒルと団体、レジェンド葛西の活躍を期待しよう!

 

 

 この稿了、

 

 記事及び画像の無断転載を禁じます。


   Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
  〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 Tel & Fax 096-364-8875
 freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp
  
 木・金定休(除く祝日)
 営業時間11:00〜19:00

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album