ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2016 4月 新着商品 其の | main | 第25回護国神社蚤の市 >>
2016.05.10 Tuesday

Model of Days Gone 其の


 
 c1931 AEC Renown Double Deck Bus `Birmingham City Transport HEINZ SPAGHETTI'
  さて今回もダブルデッカーです。このAEC Renown は、確かコヴェントガーデンのロンドントランスポートミュージアムにも展示してあったと思います。前回のRegentより数が少ないです。
 ハインツ スパゲティーの広告がいかにも英国らしいです。日本では信じられませんが、トマトソーススパゲティーの缶詰です。スパゲティー用トマトソースの缶詰では有りません。これが実は英国人の大好物で、こいつをトーストの上に載せてナイフとフォークで食べる、スパゲティーオントーストなるメニューが英国の学校給食の人気No.1メニューなのだそうです。

  
 左 c1931 AEC Renown Double Deck Bus `London General Omnibus Co. Cadbury's BOURN-VITA' トップのハインツのと共にPremier Collection series の一台です。箱の裏側に英国で熟練工により1つ1つ注意深く組み立てられたと誇らしげに書かれています。
 右 c1922 AEC Stype Double Deck Omnibus Open Top `London General Omnibus Co. Schweppes Tonic Water'  Days Gone の前身のMatchbox Yesteryear Series です。c1978〜82のものです。Omnibus とは元々乗合馬車の事で其の後ただ単にBusと呼ばれるようになります、因みに映画のオムニバス形式もここから来ています。

  
 左、c1928 Karrier E6 Trolley Bus `London Transport Kleenex Boutique Tissues'   
 右、c1928 Karrier E6 Trolley Bus `London Transport HEINZ Tomato Ketchup'
 さて、トロリーバスです。トロリーバスと云ってもピンとくる人はもう少ないかもしれません。要するに架線から電気を取り入れて走るバスです。線路の無い路面電車ですね。日本でもかっては、京浜、名古屋、京阪等殆どの大都市部で走っていたのですが60年代にほぼ全廃されています。残念ながら地方中都市育ちの私は(私の街でも計画は有ったらしい)リアルタイムでは乗った事は勿論、見た事も有りません。そう云えば、確かフォーククルセイダースの北山修博士の特技が「トロリーバスの運転」と云うのをむか〜し雑誌で読んだ記憶が有ります。
 英国でも各地でトロリーバスは運行していました。ここでもダブルデックというのが英国だけの特徴です。ロンドンでは、最大68もの路線が有ったようですがこれも1962年に全廃しています(車体の側面に速度が20mp/hと書いてあるので相当遅いです)。
 フランスのリヨンでは、今でもトロリーバス走っています。私も実際見た事が有ります(残念乍ら乗りそびれました)昭和の時代の未来の乗り物的な中々マニアックなデザインでした。

  
 左、c1928 Karrier E6 Trolley Bus `London Transport BBC Radio Times' BBCの1920'sが舞台のTVドラマ`The House Of Eliot' シリーズのスペシャルエディション。
 右、c1928 Karrier E6 Trolley Bus `Weatherfield & City Transport Miami Modes Depertment store' 1960年からマンチェスターのグラナダTVで放映され英国中で絶大な人気を得たテレビドラマ`CORONATION ST.'シリーズのスペシャルエディションです。因みにウェザーフィールドは、ドラマの舞台となっている架空の町で勿論マイアミモードなるデパートもドラマの舞台となった架空の店です。
 またまたコレクション候補が増えましたね。


 これら商品に関するお問い合わせはメールで、

 尚、記事及び画像の無断転載を禁じます。

 Antiques & Collectables  FREDDY BROS.  快的兄弟商會
 〒862-0959  熊本市中央区白山1−6−41
 Tel & Fax 096-364-8875
   freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp

   木・金定休(除祝日)
 営業時間、10:30〜19:00
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album