ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Grantham | main | Yoshida Woodward Stakes G1制覇 >>
2018.08.31 Friday

Pont des Arts

 

  

   Pont des Arts

 

   ポンデザール(芸術橋)は、パリ1区セーヌ右岸のルーヴル宮(Palais du Louvre)と6区左岸のフランス学士院(Institut de France)を結ぶ歩行者専用の橋です。

 

   ポンデザールは元々1802年にナポレオン・ボナパルトの命に依り懸けられたフランスで初の鋼鉄製の橋でした。現在の橋は1970年代に掛けられた物です。

 

 

   シテ島の尖端とポンヌフ(Pont Neuf)を望む、ノートルダムの尖塔が見える。

    

     

 左、反対側、カルーセル橋(Pont du Carrousel) とルーヴル美術館を望む

 右、フランス学士院(Institut de France)

 

     

 

 セーヌ川にかかるPont des arts (芸術橋) 愛を誓う二人が橋の欄干のフェンスに愛の南京錠(Cadenas d'amour)を掛け鍵はセーヌ川に投げ捨てる、これで永遠の愛が叶うとか…

 世界中から訪れるカップルに依りわずか数年で上のような姿に、ついにその総量は推定90tを超えるに至り、2014年6月、其の重さに耐えきれず、フェンスの一部が崩落、運よく橋の内側に倒れたのでけが人などは出ませんでしたが、川に落下と云う事になると大惨事なる恐れが有ると云う事で(元々古い橋が架けかえられた直接の原因は橋桁に船が衝突した事に起因する)以後この行為は禁止され、南京錠は撤去、フェンスはパネルで覆われる事となりました。

 

   さて、我がハーツクライ産駒にポンデザール(牝3)と云う馬が居ます。母がジョコンダ(Jioconda彊 通産8戦2勝、2005年シルケングリッターS IRE G L勝利)、その父ロッシーニ(Rossini 米)と云う血統です。

 そのポンデザールが8月26日の札幌競馬6レースの3歳未勝利戦(3歳・馬齢・芝2600m)にジョアン・モレイラ騎乗54kg 3番人気で出走、スタート直後後方に下げじっと内で脚を溜めると3〜4コーナー中間で大外へ出すと徐々に進出直線中程で先に先頭に躍り出たクリストフ・ルメール騎乗の2番人気コロンバスデイ(牝3、54kg)を交わし最後は手綱を緩める余裕で1 1/2馬身差の快勝、大外を廻しての断然の上がり最速タイムから見ても着差以上に強い勝ち方でした。タイムは2:46:2稍重。これで通算成績4戦1勝。

 

 兄に2016年香港ヴァーズ(沙田 G)、2017年宝塚記念G蟻晶転6勝のサトノクラウン牡6、(父Marju 愛)が居ると云う事でデビュー前から期待されていたもののなかなかデビュー出来ず今年1月にようやくデビュー、其の後1戦したものの裂蹄発症の為一頓挫、8月19日のダート2400m戦で半年ぶりの復帰、この時は前レース比16kg増と明らかに太め残し、このレースを一叩きし連闘で臨んだレースでした。

 グランサム同様ここでの未勝利脱出は大きい(期待された良血馬パスティス(Pastis 牡3)は結局未勝利を勝ち上がれず一旦登録を抹消園田競馬へ移籍した)。次レースはまだ未定だがトライアルに出れるようであればまだ秋華賞G欺仭の可能性も出てきた。もともとデビュー前は未来のオークス馬と期待が高かった馬、今後順調にレースを使える事を望みたい。

 

  

   Pont des Art Juin 2009 この当時はまだ愛の南京錠は見られない。

 

   この稿了。

 

 

   記事及び画像の無断転載を禁じます。


   Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
  〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 Tel & Fax 096-364-8875
 freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp
  
 木・金定休(除く祝日)
 営業時間11:00〜19:00

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album