ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 有難うございました。 | main | 門司港 GRAND MARKET 2018 秋 >>
2018.10.22 Monday

ロジクライ富士ステークスG契覇

 

 10月20日、東京競馬場で行われた第21回富士ステークスG(3歳上・国際・別定・芝1600m)で、我がハーツクライ産駒、クリストフ・ルメール騎乗のロジクライ(牡5、56kg)がジョアン・モレイラ騎乗のワントゥワン(牝5、54Kg)に2馬身差付けて勝利した。

 

 道中2番手でレースを進めた2番人気ロジクライは直線で逃げた柴田善臣騎乗のマルターズアポジー(牡6、56kg)を捉え抜け出し外から脚を伸ばしたワントゥワンに2馬身差つけ快勝した。タイムは1分31秒7(良)。この勝利でマイルCSG気陵ダ莉仭権を得た。

 

 ロジクライは、父ハーツクライ、母ドリームモーメント母父Maciavellianと云う血統、この勝利で13戦5勝、2016年シンザン記念G靴鮠〕しクラシックに期待が掛ったがレース後骨折が判明、1年10カ月の休養を余儀なくされた、復帰後は準オープン、オープン特別を2連勝しここ2戦マイル重賞を2着3着と勝利まであと一歩だったが今回鞍上にクリストフ・ルメールを迎えおよそ2年半振りの重賞制覇となった。馬名の由来は冠名+父親の名の一部、この馬主のネーミングは殆どがこのパターンで2009年のダービー馬ロジユニヴァース(父ネオユニヴァース)がいる。ロジクライ=路地暗いに通ずる処から縁起が悪い、街燈が必要などと揶揄されてきたがこの勝利で先行きが明るくなってきた。次走マイルCSG気楽しみになった。

 

 さて今週は天皇賞秋G機▲好錙璽凜螢船磧璽(牡4、58kg)の登場です。4月の大阪以来のG祇覇へ期待が懸る。勝利=レイデオロ(牡4)に昨年のダービーでの雪辱が果たせる訳で、ここは負けられない一戦。一昨年のダービー馬マカヒキ(牡5)も参戦、残念乍ら今年のダービー馬ワグネリアン(牡3)は回避する模様。

 

 この稿了

 

 

 

 Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
 〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 Tel & Fax 096-364-8875
 freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp
  
 木・金定休(除く祝日)
 営業時間11:00〜19:00

 (イヴェント、仕入れ等で変更有)

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album