ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2018 11月 新着商品其の | main | お知らせ >>
2018.11.15 Thursday

SEAT León FR Sport

 

  

   SEAT León FR Sport at Loughborough Grammer School

 

   9月下旬から10月中旬に掛けてルーティンの英国仕入れへ行って来ました。今回の旅の相棒は、SEAT León FR Sportです。

 

   SEATはスペインの自動車メーカーでSociedad Española de Automóviles de Turismoの頭文字を採ったもの。

 1950年代から長らくFIATのモデルをライセンス生産し、謂わばスペインフィアットとも云うべきメーカーだったが1980年代にフィアット撤退後VWの傘下に入り以降VWのプラットフォームを共用した独自モデルを生産している。

 このLeónもゴルフとプラットフォームを共用するモデル、最も競合の激しい所謂Cセグメント、Ford Focus、Vauxhall Astra、Peugeot 308 etc. がライヴァル。日本ではあまり馴染みがないがドイツの技術とラテンのセンスを融合させた車ということで英国での人気は高い。

 さてこのLeón実は3年前一度乗った事が有るのだが其の時はノーマルヴァージョン、今回はスポーティー版のFR Sportの登場。

 

      

   L=4282mm, W=1816mm, H=1459mm ノーマルより15mm低いだけだがミッドナイトブラックの外装色と17インチダイナミックアロイホイールのお陰で地を這うようなイメージ(笑)

  

     

 外装色と相まって非常に精悍な顔つき、サイドミラーは欧州車には珍しくリモコンで格納される、二本出しのテールパイプがスポーティーバージョンの証し。

 

 この処、CACTUSやCapture, Picassoとクロスオーヴァー?続きで(日本でもLAFESTA)久し振りに普通の車に乗った感じ、乗り込む時つい頭をぶつける(笑)着座してみるとその低さに驚く、130馬力の1500ccガソリンエンジンで凄い加速! 前回フリーアップグレードで廻ってきた(個人的には全然嬉しくなかったが)BMW116dに匹敵する。モーターウエィに合流する時だけ重宝する。

 

     

 チャコールの内装、短いスポーティーな6速シフトレバー、ブーツはレザー。アイドリングストップ機構を装備、ニュートラルに入れてクラッチを放すとエンジンがストップする。右、サイドシルのステップガーニッシュに誇らしげに描かれたFRのロゴ

 

     

 革巻きのステアリングホイール赤糸のスティッチがポイント、160マイル(256km)迄刻まれたコンベンショナルなスピードメーター、タコメーターとの間にあるのは簡易GPS走っている道路名と方向が解るなかなか便利な代物 ! バックソナーも備える。

 

     

   流石、スポーティーなフロントシート、ホールド感抜群、レザーとトリコットのコンビネーション、レザー部分に赤糸のスティッチ。ちゃんと3人分のヘッドレストを備えたリアシート。

 

     

   さて、私にとっての一番の関心事ブートスペース、リアシートのバックレストをフォールダウンした処、ダイブダウンしないので段差が出来るがほぼ水平に倒れるのは良い。右、ホイールアーチ間はへんな突起も無く有効に使える、ボディー剛性確保のため敷居が高いのが難点。

 

     

 今回はいつものグレーカートン(450mmX630mmX450mm)3箱とバナナ箱1箱、楽々収納、外観の見た目からすると想像以上の広さ、高さ方向も余裕が有る。右、リアドアの開口も広い、フロントシートを前にスライドさせてスーツケースを積む。

 

   さて一週間の走行距離は1263kmで使用ガソリン量は76.92ℓ、燃費は16.42km/ℓ、一般的なコンパクトクラス(ディーゼル多し)が20/ℓ位行くのに比べると今一な結果でした。

 

  

 2015年10月 SEAT León SE at Nuneaton Warwickshire. 私としてはこれで充分。

   隣はPeugeot 306 Cabriolet、オープンにしてミッドランドのカントリーロードを走ったらどんなに気持ち良いだろう?

 

  

   この稿了、

 

 

 

 記事及び画像の無断転載を禁じます。


   Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
  〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 Tel & Fax 096-364-8875
 freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp
  
 木・金定休(除く祝日)
 営業時間11:00〜19:00

 イベント、仕入れ等で変更有り。

  

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album