ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< シュヴァルグラン、スワーヴリチャード、2‐3着 | main | 街の天道虫、蜜蜂、熊猫 其の >>
2019.04.06 Saturday

The LONGINES World's Best Racehorse Rankings

 

   ロンジン ワールド ベスト レースホース ランキング 2019 1/1~3/31 が発表され、我がハーツクライ産駒のシュヴァルグラン(Cheval Grand 牡7歳) JPNが、日本馬トップのレーティング119ポンドで14位タイにランクされた、対象レースはドバイシーマクラシックG1(芝、2410m)の2着。

 

 Cheval Grand(JPN),  Ranking / 14,  Rating / 119,  Cat / Long,  Surface / Turf.  YOF / 2012,  Gender / Horse

 

   ランキングトップはビューティジェネレーション(Beauty Generation 騸7歳) NZ、シティーオブライト(City of Light, 牡6歳) USA、ウィンクス(Winx, 牝8歳) AUSの3頭で125ポンド。続く第4位にはハッピークラッパー(Happy Clapper, 騸9歳) AUSで、123ポンド。

 ドバイシーマクラシックG1(芝、2410m)を勝ったオールドペルシアン(Old Persian 牡4歳) GBは122ポンドで第5位に、史上初のドバイワールドカップG1(AS、2000m)連覇を達成したサンダースノー(Thunder Snow 牡5歳) IREは121ポンドで第6位、サンダースノーとハナ差の大接戦の末2着だったグロンコウスキー(Gronkowski 牡4歳) USAは、120ポンドで第7位タイ。

 

 ドバイ・ターフG1(芝、1800m)を勝ったアーモンドアイ (Almond Eye 牝4歳) JPNと大阪杯G1(芝、2000m)を勝ったアルアインもシュヴァルグランと並び119ポンドで14位タイにレーティングされた(但しアーモンドアイはCat / Mile、アルアインはCat / Intermidiate) 。

 

   LONGINES Rankings http://www.ifhaonline.org/default.asp?section=Racing&area=1&wtrStatus=L

 

   尚シュヴァルグランのこれまでの最高値は2017年ジャパンカップG1(芝、2400m) 1着時の123ポンド第12位タイ(この年の一位はアロゲート(Arrogate) USAの134ポンド)。

 また、父ハーツクライ(Heart's Cry) JPNの最高値は2006年King George & Queen Elizabeth Diamond Stakes G1(芝、2400m) 3着時の124ポンド第13位(この年の一位はインヴァソール(Invasor) ARGの129ポンド)。

   ハーツクライ産駒としてはジャスタウェイ(Just a Way) JPNが2014年のドバイデューティーフリーG1(芝、1800m) 1着時に130ポンドを獲得、これがこれまでの処の日本産馬の最高レーティングである。尚、日本調教馬の最高値はエルコンドルパサー(El Condor Pasa) USAの1999年凱旋門賞G1(芝、2400m) 2着時の134ポンド。

 

 

  この稿了、



   Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
  〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 Tel & Fax 096-364-8875
 freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp
  
 木・金定休(除く祝日)
 営業時間11:00〜19:00

 イベント、仕入れ等で変更有り。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album