ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2019 暑中お見舞い申し上げます。 | main | ヨシダは2着、米国ホイットニーS G >>
2019.08.02 Friday

ディアドラ英国G気鮴覇

 

 8月1日、英国グッドウッド競馬場で行われたナッソーS(Qatar Nassau Stakes) G 芝1980m 3歳上牝馬限定 で、ハービンジャー産駒 オイシン・マーフィー騎乗のディアドラ(Deirdre, 迪雅卓)JPN 牝5 60kg が、2番人気 ランフランコ(フランキー)・デットーリ騎乗のメダーイー(Mehdaayih)GB 牝3 56.5kg に1 1/4差つけ勝利した。

 

 前走、英国初戦のプリンスオブウェールズSに武 豊騎乗で出走も土砂降りの雨の中6着と敗れた、今回は牝馬限定戦で斤量的にも圧倒的に3歳馬が有利(過去の結果を見ても顕著である)なレースと云うこともあり7番人気(20-1)での出走となった。レースはメダーイーの逃げで始まり、好スタートを切るも一旦控えて後方2〜3番手につけるディアドラ、直線に入ると内を突き抜け出しを図るも前が詰まり万事休すかと思われたが残り2fで内が開くとそこから最内を力強く伸び、あっという間に逃げ粘るメダーイーを捉え最後は1 1/4差をつける快勝だった。タイムは2分2秒93 良。今年の英愛1000ギニーG鞠1番人気 ライアン・ムーア騎乗のハモサ(Hermosa)IRE 牝3 56.5kgは9着に敗れた。

 この勝利は日本産馬として初の英国G汽譟璽江〕となった、尚、英国での日本調教馬のG犠〕は2000年のジュライカップ(July Cup) ニューマーケット 6f(1207m) 3+を勝利したアグネスワールド(Agnes World)USA 以来2頭目。

 

 これで通算25戦8勝 2017年の秋華賞 G軌瞥2度目のG犠〕、このチーム(橋田きゅう舎)は馬主の意向もあり海外志向が高く(日本で走っている方が遥かに賞金が稼げるのだが、例えば今回の1着賞金も日本のG景造漾)昨秋から香港→日本→ドバイ→香港→英国と転戦し今季海外4戦目での悲願の初勝利となった。今後も引き続き英国に滞在し次走は、9月14日愛チャンピオンステークス(Irish Champion Stakes) レパーズダウン競馬場 10f(2012m) に登録している。

 

 さて今グロリアス・グッドウッド(Grorious Goodwood)開催 他のG機7月30日のグッドウッドカップG3200mは、Lデットーリ騎乗の英長距離王者シーザスターズ産駒ストラディヴァリウス(Stradivarius)IRE 牡5 が3連覇を達成、また翌7月31日のサセックス・ステークスG1609mは、Lデットーリ騎乗のドゥバウィ産駒 昨年の最優秀2歳牡馬トゥーダーンホット(Too Darn Hot)GB 牡3が勝利した。

 

 さて、米国では8月3日サラトガ競馬場で行われるホイットニーS G3+ d1800m に我がハーツクライ産駒ヨシダ(Yoshida)JPN 牡5 56kg がジョエル・ロサリオ騎乗で出走する、尚同レースにはドバイWCを連覇したサンダースノー(Thunder Snow)IRE 牡5 56kg もクリストフ・スミヨン騎乗で出走する。

 

 

 この稿了、

 

 

 記事及び画像の無断転載を禁じます。




   Antiques & Collectables  FREDDY BROS. 快的兄弟商會
   〒862-0959  熊本市中央区白山1-6-41

 Tel & Fax 096-364-8875
 
freddy-bros@jcom.zaq.ne.jp
  
 木・金定休(除く祝日)
 営業時間11:00〜19:00

 イベント、仕入れ等で変更有り。

 

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album