ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大阿蘇ジャンボリー | main | シュバルグラン、アルゼンチン共和国杯制覇 >>
2016.10.31 Monday

リスグラシュー、アルテミスステークスを制覇

 

 10月29日に東京競馬場で行われた第5回アルテミスステークスG(芝1600m2歳牝馬)で、我がハーツクライ産駒のリスグラシュー号2歳牝、武 豊騎手騎乗54kgが、2着フローレスマジック号に1/2馬身差を付け勝利しました。

 レースは1000m61秒のスローペースを6〜7番手で進み直線坂を越えた辺りからコース中程を上がり33秒5の末脚を繰り出し、クリストフ・ルメール騎手騎乗、2番人気ディープインパクト産駒の良血馬フローレスマジック号に1/2馬身差を付けて快勝しました。

 ハーツクライ産駒の同レース制覇は、一昨年のコレクターズアイテム以来2頭目。

 リスグラシュー号は、母リリサイドその父American Post と云う血統でフランス語で優美な百合と云う意味の名前です。その名の通り小柄で可憐な馬体をしています。

 通算成績3戦2勝、デビュー戦では素質馬と云う事から1番人気で出走しましたが後方からの競馬となり33秒0の末脚で追い込むもタイム差無しの2着、2戦目となった阪神の1800mの未勝利戦では3〜4番手につけ最後は4馬身差のレコード勝ち。前走の内容からこのレース1番人気での出走でした。

 次走は、暮れのG戯綽瀬献紊戰淵ぅ襯侫リーズ1600mになる模様ですが、武 豊騎手は香港遠征が決まっている為、鞍上が誰になるか注目されるところです。ひょっとすると朝日杯フューチュリティーステークスに出走するかもしれません。

 いずれにしろこのまま順調に成長して(武騎手に依るとまだまだフラフラしていて成長途上のとの事)来年のクラッシクで我々ファンを楽しませてくれる事を期待します。

 今週は豪州G汽瓮襯椒襯鵐ップにカレンミロティック号が。また米国G汽屮蝓璽澄璽坤ップ、フィリーズ&メアターフにヌーヴォレコルト号が出走します。実に楽しみな1周間となります。皆様も御声援宜しくお願い致します。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album